オナ禁すると睡眠時間が減るらしい

オナ禁には思わぬ効果があって今までの睡眠時間以上に少なくても十分だという風に言っている人は多いです。

果たして本当にオナ禁をすることで睡眠時間を削って他の活動に移すことは引継ぎ可能なのでしょうか?

結論から言うと睡眠時間はオナ禁することで削れます。

目覚めも書いてきてオナニーするよりも十分充実した一日を過ごすことが可能です。

そして睡眠時間がなくなることによってエネルギッシュになりよりスーパーサイヤ人化になりやすくなるというような体験談も多く書かれています。

しかしながらこの辺においてはまだ科学的には証明されておりません。

はいて科学的に言うのであればオナ禁することによってオナニーに対する体力が温存されるため無駄な時間を過ごさずに睡眠に就くことができるということがわかります。

またお菓子を探す時間も減るためその時間を睡眠時間に使うということも考えられます。

いずれにしてもオナ禁をすることによって睡眠時間を削って他のことに充てられるようになることは事実のようです。

このような行為は長期的にはできずあくまで1割から2割程度の睡眠時間を消せれるというような感覚でいた方が良いです。

オナ禁の効果を高めることによって睡眠の質の向上を考えた方が良いでしょう。

睡眠の質を変えるには快適な睡眠グッズを揃えるのはもちろん寝る前に筋トレをして汗を流し疲れたところをグッと寝るというのが最善の策とも言えます。

未だに睡眠とオナ禁の統計は取れておらず私自身も今何回研究の段階であります。

朗報がありましたら是非更新して行こうと思います。

仮説としては3大欲求を制限すること?

オナ禁は性欲を我慢します。

そして、欲求を我慢することでパワーにかわると言われています。

そのため、睡眠も削るとさらなる効果が出るのはないか?

と唱えている学者もいます。

すると、

なら食事も抑えたらさらに効果が出るのか?

という事になります。

しかし、質の高いテストステロンを出すには質の高いたんぱく質が必要です。

全てを抑える事はオナ禁の妨げになると感じています。

それは、睡眠にも言えて、多くのテストステロンを出すには睡眠は必要なのです。

なので、過度な制限は悪影響になるとオナ禁財団では考えています。


ページの先頭へ